ビリー・ホリデイ Billie Holiday

ビリー・ホリデイ

Billie Holiday (1915-1959)

ビリー・ホリデイ、1915年、メリーランド州ボルチモア生まれ。

10歳のときに感化院に収容され、14歳のとき売春の罪で投獄される。

15歳の夏、クラブのオーディションに歌手として合格。週給18ドルでステージに立つ。

1933年、ジョン・ハモンドの目にとまり、ベニー・グッドマン楽団の伴奏で初めてのレコーディング。
その後、クラブや劇場に出演を続け、1935年から3年間、テディ・ウィルソンのブランズウィック・セッションに参加。

30年代後半から40年代前半にかけて、カウント・ベイシー楽団、アーティ・ショウ楽団の専属歌手として活躍。
ミュージシャン仲間から「レディ・デイ」と呼ばれ、可愛がられる。

1946年、初めてのソロ・リサイタルを開く。
レコーディングはコンスタントに行われ、歌手としてのキャリアは絶頂期を迎えた。
その反面、私生活では結婚の破綻、母親の死去など、暗い出来事が頻発する。

1947年5月、麻薬の不法所持により逮捕。
有罪判決で刑務所に投獄され、48年2月に出所。

1954年、初めてのヨーロッパ公演。自伝「レディ・シング・ザ・ブルース」を出版。
1957年、レコード会社を移籍。
バックにストリングスと女声コーラスを配した大掛かりなレコーディングを開始する。
このときレディ・デイの喉は乾ききり、歌声は老婆の囁きのような、惨憺たるものになっていた。(Columbiaレコーディング『 Lady in Satin 』)

1958年11月、二度目のヨーロッパ公演旅行。
イタリアのスメラルド劇場、ミラノのスカラ座、パリのオランピア劇場に出演。

翌59年5月、昏睡状態で病院に運ばれる。3ヶ月後の7月、病院の廊下に放置されたままの遺体を、看護婦が発見した。

「なにも考える必要はない、ただ感じとってそれを率直に歌うだけ」
「わたしが歌うものがなんであれ、それは私の人生の一部です」
生前、ビリー・ホリデイは、そう語っていた。

今宵も、レディ・デイに乾杯!

≪ Jerome Kern Cole Porter ≫
ビリー・ホリデイ サイト内関連ページ
ジャズ・ジャイアンツの肖像 ビリー・ホリデイ
スタンダード・ソングブック God Bless' the Child ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド
スタンダード・ソングブック The Man I Love 私の彼氏
スタンダード・ソングブック Time On My Handsタイム・オン・マイ・ハンズ
スタンダード・ソングブック Violets for Your Furs コートにすみれを
今日の1曲(5) Summertime サマータイム
ジャズ倶楽部 ビリー・ホリデイ(ニューリリース/予約受付中)
Amazon.co.jp (全品送料無料・コンビニ受取・着払いOK)
ビリー・ホリデイのミュージックCD
ビリー・ホリデイのDVD ドキュメンタリー、ライヴなど
ビリー・ホリデイの本(和書) 伝記・評伝など
ビリー・ホリデイの本(洋書) 伝記・評伝、写真集、楽譜など
ジャズ・ミュージック関連書籍(和書)
ジャズ・ミュージック関連書籍(洋書)

▲ Top of Page

ジャズ倶楽部