×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

site-logo Anita O'Day Discography(Verve Years 1952-1963)
ジャズ倶楽部

Anita O'Day Discography 1952-1963(Verve編)

当ページではレコードのジャケット写真を掲載していますが、これらの画像には著作権が存在します。
著作権所有者で掲載が不適当であるとお考えの方は、身元確認可能な連絡先を明記の上、
サイト管理人(soe006)まで電子メールでご連絡ください。即時に掲載を中止させていただきます。


The Lady Is A Tramp
The Lady Is A Tramp (Verve)
Amazonで詳細を見る
Amazonでお買物できます。
廃盤/在庫切れの場合もあります。
ご了承ください。

ページのトップに戻る

The Lady Is A Tramp (Clef/Norgran/Verve 1952)

01 Rock and Roll Blues
02 Love for Sale
03 Lullaby of the Leaves
04 Lover Come Back to Me
05 No Soap, No Hope Blues
06 Speak Low
07 Pagan Love Song
08 Ain't This a Wonderful Day
09 Somebody's Crying
10 Vaya Con Dios
11 The Lady is a Tramp
12 Strawberry Moon

ノーマン・グランツ制作のClef(Norgran)録音を、後にVerveがLPとしてまとめたもの。3つのセッションによるレコーディングを収録。
ロイ・クラール(ジャッキー&ロイ)が編曲とピアノ伴奏を担当したシカゴのセッションはノイズが多く歪んだ音質だが、「The Lady is a Tramp」の快唱は聴きもの。
01「Rock and Roll Blues」はアニタのオリジナル。

01〜04 (January 22,1952 in New York City)
Anita O'Day(vo), Roy Eldridge(tp), Bill Harris(tb), Bud Johnson(ts), Cecil Payne(bs), Ralph Burns(p,arr), Al McKibbon(b), Don Lamond(ds)

05, 06, 11, 12 (July 1952 in Chicago)
Anita O'Day(vo), Roy Kral(p), Earl Backus(g), Johnny Frigo(b), Red Lionberg(ds)

07〜10 (December 1952 in Chicago)
Anita O'Day(vo), with Larry Russell's Orchestra and Strings

CDは日本でのみリリースされたが、現在廃盤。


コレイツ
コレイツ
Amazonで詳細を見る
Amazonでお買物できます。
廃盤/在庫切れの場合もあります。
ご了承ください。

ページのトップに戻る

アニタ・オディ コレイツ (Clef 1952)

オリジナル10インチLPを、忠実にCD化。
上記1952年1月のN.Y.C.セッションと7月のシカゴ・セッションを収録。
紙ジャケット仕様。初回プレス完全限定盤。日本独自企画。
デヴィッド・ストーン・マーチン 10インチ・コレクターズ・セレクションの1枚。

Clef(10インチ盤)に忠実な収録曲なれど、ジャケット・デザインはNorgran(12インチ盤)で使用されたD.S.マーチンのイラストと云う、中途半端な1枚。

デヴィッド・ストーン・マーチン 10インチ・コレクターズ・セレクション


An Evening With Anita O'Day
An Evening With Anita O'Day (Verve)
Amazonで詳細を見る
Amazonでお買物できます。
廃盤/在庫切れの場合もあります。
ご了承ください。

ページのトップに戻る

An Evening With Anita O'Day (Norgran/Verve 1954/1955)

01 In the Wee Small Hours in the Morning
02 Mood Indigo
03 Glad to be Unhappy
04 I Get Along Without You Very Well
05 Deep in A Dream
06 I See Your Face Before Me
07 Can't We be Friends?
08 When Your Lover Has Gone
09 What is This Thing Called Love
10 Last Night When We Were Young
11 I'll be Around
12 Ill Wind
13 It Never Entered My Mind
14 Dancing on the Ceiling
15 I'll Never be the Same
16 This Love of Mine

1954年の2つのセッションをまとめた10インチLP(Norgranレーベル)に、1955年8月の録音を加えて12インチLPとしてリリースされた。
05「Anita's Blues」はアニタのオリジナル。

01〜04 (April 15,1954 in Los Angeles)
Anita O'Day(vo), Arnold Ross(p), Barney Kessel(g), Monty Budwig(b), Jackie Mills(ds)

05, 06, 11, 12 (June 28, 1954 in Los Angeles)
Anita O'Day(vo), Bud Lavin(p), Monty Budwig(b), John Pool(ds)

07〜10 (August 11,1955 in Los Angeles)
Anita O'Day(vo), Jimmy Rowles(p), Tal Farlow(g), Leroy Vinnegar(b), Larry Bunker(ds)

CDは日本でのみリリースされたが、現在廃盤。


Anita
Anita (Verve)
Amazonで詳細を見る
Amazonでお買物できます。
廃盤/在庫切れの場合もあります。
ご了承ください。

ページのトップに戻る

Anita (Verve 1956)

01 You Are the Top
02 Honeysuckle Rose
03 A Nightingale Sang in Berkeley Square
04 Who Cares
05 I Can't Get Started
06 Fine And Dandy
07 As Long As I Live
08 No Moon At All
09 Time After Time
10 I'll See You In My Dreams
11 I Fali In Love Too Easily
12 Beautiful Love

ヴァーヴ時代のアニタを代表する名作アルバム。
ウォーキング・ベースだけを相手に唄い始め、セカンド・コーラスにカルテットが加わり、やがて4トロンボーンが加わると同時にアニタのフレーズがダイナミックにフェイクする「Honeysuckle Rose」。オルゴールを模したヴィブラフォンのチャーミングなイントロ、ハープを加えたストリングスをバックに情感豊かに唄う「A Nightingale Sang in Berkeley Square」など、聴きどころ満載。
バディ・ブレグマンは、ポール・スミスのピアノを中心にしたカルテット、カルテット・プラス・4トロンボーン、カルテット・プラス・ストリングスの3つのスタイルで的確かつ絶妙なバッキングを提供。歌伴のお手本。
ミュージシャンの名前が次々と歌詞に登場する「You Are the Top」も愉快痛快。

Recorded by December 7〜8, 1955 at Los Angeles
Anita O'Day(vo) with Buddy Bregman and His Orchestra

04, 06, 07, 12
Pal Smith(p), Barney Kessel(g), Joe Mondragon(b), Alvin Stoller(ds)

01, 02, 08, 10
Pal Smith(p), Barney Kessel(g), Joe Mondragon(b), Alvin Stoller(ds), Milt Bernhart, Lloyd Elliot, Joe Howard, Si Zentner(tb)

03, 05, 09, 11
Pal Smith(p), Barney Kessel(g), Joe Mondragon(b), Alvin Stoller(ds), Corky Hale(harp) and Strings


Anita Sings The Most
Anita Sings The Most (Verve)
Amazonで詳細を見る
Amazonでお買物できます。
廃盤/在庫切れの場合もあります。
ご了承ください。

ページのトップに戻る

Anita Sings The Most (Verve 1956)

01 'S Wonderful / They Can't Take That Away from Me
02 Tenderly
03 Old Devil Moon
04 Love Me or Leave Me
05 We'll Be Together Again
06 Stella by Starlight
07 Taking a Chance on Love
08 Them There Eyes
09 I've Got the World on a String
10 You Turned the Tables on Me
11 Bewitched, Bothered and Bewildered

オスカー・ピーターソン・トリオにドラムを加えたカルテットとの共演盤。
超絶技巧のピーターソンと互角に渡り合うアニタの超絶技巧。緩急自由自在。
08「Them There Eyes」の超特急スキャットが圧巻。

Recorded by May 1956 at Los Angeles
Anita O'Day(vo), Oscar Peterson(p), Herb Ellis(g), Ray Brown(b), Milt Holland(ds), John Poole(ds)


Pick Yourself Up with Anita O'Day
Pick Yourself Up with Anita O'Day (Verve)
Amazonで詳細を見る
Amazonでお買物できます。
廃盤/在庫切れの場合もあります。
ご了承ください。

ページのトップに戻る

Pick Yourself Up with Anita O'Day (Verve 1956)

01 Don't Be That Way
02 Let's Face the Music and Dance
03 I Never Had a Chance
04 Stompin' at the Savoy
05 Pick Yourself Up
06 Stars Fell on Alabama
07 Sweet Georgia Brown
08 I Won't Dance
09 Man With a Horn
10 I Used to Be Color Blind
11 There's a Lull in My Life
12 Let's Begin

代表的レパートリー「Stompin' at the Savoy」と「Sweet Georgia Brown」が聴ける、アニタ絶頂期のレコーディング。編曲・指揮は「Anita」のバディ・ブレグマン。

01, 02, 05, 10 (December 18,1956 in Los Angeles)
Anita O'Day(vo), Harry Edison(tp), Larry Bunker(vib), Paul Smith(p), Barney Kessel(g), Joe Mondragon(b), Alvin Stoller(ds)

03, 04, 06, 07, 08, 09, 11, 12 (December 19〜20,1956 in Los Angeles)
Anita O'Day(vo) with Buddy Bregman and His Orchestra
Conte Candoli(tp), Milt Bernhart, Frank Rosolino(tb), Harb Geller, Bud Shank(as), Georgie Auld, Bob Cooper(ts), Jimmy Giuffre(bs), Paul Smith(p), Al Hendrickson(g), Joe Mondragon(b), Alvin Stoller(ds) and Strings


Anita O'Day Sings The Winners
Anita O'Day Sings The Winners (Verve)
Amazonで詳細を見る
Amazonでお買物できます。
廃盤/在庫切れの場合もあります。
ご了承ください。

ページのトップに戻る

Anita O'Day Sings The Winners (Verve 1958)

01 Take the "A" Train
02 Tenderly
03 Interlude (A Night in Tunisia)
04 Four
05 Early Autumn
06 Four Brothers
07 Sing, Sing, Sing
08 My Funny Valentine
09 Frenesi
10 Body and Soul
11 What's Your Story, Morning Glory?
12 Peanut Vendor

デューク・エリントン、ジーン・クルーパ、ウディ・ハーマン、ディジー・ガレスピー、オスカー・ピーターソン、スタン・ゲッツ、ジェリー・マリガン、コールマン・ホーキンス、マイルス・デイヴィス、アーティ・ショウ、スタン・ケントン、ジミー・ランスフォード……12人のミュージシャンのレパートリーから、代表曲12曲をピックアップした企画盤。
絶頂期のアニタによる快唱と、ズラリ並んだ有名曲。人気の1枚。
CD化に際して、他のVerve録音より7曲をボーナストラックとして追加収録。

07〜12
Recorded by April 2, 1958 at Los Angeles
Anita O'Day(vo) with Russ Garcia and His Orchestra

01〜06
Recorded by April 3, 1958 at Los Angeles
Anita O'Day(vo) with Marty Paich and His Orchestra


Anita O'Day at Mr. Kelly's
Anita O'Day at Mr. Kelly's (Verve)
Amazonで詳細を見る
2004/12/01発売の国内盤
Amazonで詳細を見る
上記「Anita O'Day Sings the Winners」とカップリングされた輸入盤

Amazonでお買物できます。
廃盤/在庫切れの場合もあります。
ご了承ください。

ページのトップに戻る

Anita O'Day at Mr. Kelly's (Verve 1958)

01 But Not for Me
02 I Have A Reason for Living / My Love for You
03 Varsity Drag
04 It Never Entered My Mind
05 Tea for Two
06 Every Time I'm With You
07 Have You Met Miss Jones
08 The Wildest Gal in Town
09 Star Eyes
10 Loneliness is A Well
11 The Song is You

故郷シカゴのレストラン「ミスター・ケリー」での実況盤。STEREO録音。
リラックスした雰囲気のなか、ピアノ・トリオをバックにノビノビと唄うアニタ。
映画『真夏の夜のジャズ』でも披露された急速テンポの「Tea for Two」も収録。

Recorded by April 27, 1958 at Mister Kelly's Restaurant, Chicago
Anita O'Day(vo), Joe Masters(p), Larry Woods(b), John Poole(ds)

CDは日本でのみリリースされたが、現在廃盤。
2004/12/01、日本盤CD発売予定。≫ Amazon.co.jp


Cool Heat
Cool Heat (Verve)
Amazonで詳細を見る
Amazonでお買物できます。
廃盤/在庫切れの場合もあります。
ご了承ください。

ページのトップに戻る

Cool Heat (Verve 1959)

01 Mack the Knife
02 Easy Come, Easy Go
03 Orphan Annie
04 You're a Clownv
05 Gone With the Wind
06 Hooray for Hollywood
07 It Had to Be You
08 Come Rain or Come Shine
09 Hershey Bar
10 Lover is Blue
11 My Heart Belongs to Daddy
12 Way You Look Tonight

ピアノ・レスの中編成バンドをバックに唄うアニタ。
アルバムにはパーソネル表記が無いが、ジム・ホール(g)が参加しているらしい。

Recorded by 1959 at Los Angeles Anita O'Day(vo) with Jimmy Giuffre and His Orchestra

日本でのみCD化。


Anita O'Day Swings Cole Porter with Billy May
Anita O'Day Swings Cole Porter with Billy May (Verve)
Amazonで詳細を見る
US盤

Amazonでお買物できます。
廃盤/在庫切れの場合もあります。
ご了承ください。

ページのトップに戻る

Anita O'Day Swings Cole Porter with Billy May(Verve 1959)

01 Just One of Those Things
02 Love for Sale
03 You'd Be So Nice to Come Home To
04 Easy to Love
05 I Get a Kick Out of You
06 All of You
07 Get Out of Town
08 I've Got You Under My Skin
09 Night and Day
10 It's De-Lovely
11 I Love You
12 What Is This Thing Called Love?

ビリー・メイ楽団とのソングブック・シリーズ第1弾はコール・ポーター集。
ダイナミックなブラスに煽られ、超高速で突っ走るアニタ。

Recorded by April 2,9, 1959 at Los Angeles
Anita O'Day(vo) with Billy May and His Orchestra

日本盤CDは、「Swing Rodgers And Hart」とのカップリング。
米盤CDは、Verve録音のコール・ポーター作品6曲をボーナス・トラックとして追加。


Anita O'Day And Billy May Swing Rodgers And Hart
Anita O'Day And Billy May Swing Rodgers And Hart (Verve)
Amazonで詳細を見る
US盤
Amazonで詳細を見る
国内盤「Swings Cole Porter」とのカップリング

Amazonでお買物できます。
廃盤/在庫切れの場合もあります。
ご了承ください。

ページのトップに戻る

Anita O'Day And Billy May Swing Rodgers And Hart (Verve 1960)

01 Johnny One Note
02 Littel Girl Blue
03 Falling Love with Love
04 Bewitched
05 I Could Write a Book
06 Have You Met Miss Jones?
07 Lover
08 It Never Entered My Mind
09 Ten Cents a Dance
10 I've Got Five Dollars
11 To Keep My Love Alive
12 Spring is Here

ビリー・メイ楽団とのソングブック・シリーズ第2弾。
リチャード・ロジャース&ロレンツ・ハートによるミュージカル・ナンバー12曲を収録。
パンチの効いたビリー・メイ楽団をバックに、快調にとばすアニタ。

Recorded by June 6, 7, 8, 1960 at Los Angeles
Anita O'Day(vo) with Billy May and His Orchestra

「Swings Cole Porter」とのカップリングで、日本でのみCD化。
【2004/12/06 追記】 米盤CDもリリースされました。但し収録曲は、オリジナルと同じ全12曲。


Make Mine Blues
Make Mine Blues (Verve)
Amazonで詳細を見る
Amazonでお買物できます。
廃盤/在庫切れの場合もあります。
ご了承ください。

ページのトップに戻る

Make Mine Blues (Verve 1960)

01 That Old Feeling
02 Angel Eyes
03 The Thrill is Gone
04 Detour Ahead
05 Yesterdays
06 Waiter, Make Mine Blues
07 Whatever Happened to You
08 When Sunny Gets Blue
09 Stella by Starlight
10 Mad About the Boy
11 A Blues Serenade
12 Goog-bye

ブルース・ナンバーを中心に選曲。落ち着いた雰囲気のジャケットが秀逸。

Recorded by August 1 & October 4, 1960 at Los Angeles
Anita O'Day(vo) with Russell Garcia and His Orchestra

日本でのみCD化。


Trav'lin' Light
Trav'lin' Light (Verve)
Amazonで詳細を見る
Amazonでお買物できます。
廃盤/在庫切れの場合もあります。
ご了承ください。

ページのトップに戻る

Trav'lin' Light (Verve 1961)

01 Trav'lin' Light
02 The Moon Looks Down and Laughs
03 Don't Explain
04 Remember
05 Some Other Spring
06 What A Little Moonlight Can Do
07 Miss Brown To You
08 God Bless The Child
09 If The Moon Turns Green
10 I Hear Music
11 Lover Come Back To Me
12 Crazy He Calls Me

ビリー・ホリデイの愛唱歌を集めたトリビュート作品集。

Recorded by January 18 & 19, 1961 at Los Angeles
Anita O'Day(vo) with Russell Garcia Sixtet
Anita O'Day(vo) with Johnny Mandel and His Orchestra

日本でのみCD化。


All The Sad Young Men
All The Sad Young Men (Verve)
Amazonで詳細を見る
Amazonでお買物できます。
廃盤/在庫切れの場合もあります。
ご了承ください。

ページのトップに戻る

All The Sad Young Men (Verve 1962)

01 Boogie Blues
02 You Came a Long Way from St. Louis
03 I Want to Sing a Song
04 Woman Alone With the Blues
05 Ballad of the Sad Young Men
06 Do Nothin' Till You Hear from Me
07 One More Mile
08 Night Bird
09 Up State
10 Se'r Blues

ゲイリー・マクファーランドの風変わりな編曲による個性的な1枚。
フィル・ウッズ(as)、ズート・シムス(ts)、ハンク・ジョーンズ(p)などサイドメンも豪華。

Recorded by October 16, 1961 at New York City
Anita O'Day(vo) with Gary McFarland and His Orchestra
Walter Levinsky, Phil Woods(as,cl), Jerome Richardson, Zoot Sims(ts), Bernie Glow, Doc Severinsen, Herb Pomeroy(tp), Billy Byers, Willie Dennis(tb), Bob Brookmeyer(valve tb), Hank Jones(p), Barry Galbraith(g), George Duvivier(b), Mel Lewis(ds)


Time For Two
Time For Two (Verve)
Amazonで詳細を見る
Amazonでお買物できます。
廃盤/在庫切れの場合もあります。
ご了承ください。

ページのトップに戻る

Time For Two (Verve 1962)

01 Thanks For The Memory
02 It Shouldn't Happen To A Dream
03 Just In Time
04 Under A Blanket of Blue
05 That's Your Red Wagon
06 Peel Me A Grape
07 An Occasional Man
08 The Party's Over
09 I Believe In You
10 Mr. Sandman
11 Spring Will Be A Little Later This Year
12 I'm Not Supposed To Be Blue Blues

ラテンジャズのカル・ジェイダー・カルテットとの共演。
Jazz界のジョエル・シルバー、クリード・テイラーによるプロデュース。

Recorded by 1962 at Los Angeles
Anita O'Day(vo), Cal Tjader (vb,ds), Bob Corwin, Lonnie Hewitt(p), Freddy Schreiber(b), Johnny Rae(ds,vb)


Anita O'Day & The Three Sounds
Anita O'Day & The Three Sounds (Verve)
Amazonで詳細を見る
Amazonでお買物できます。
廃盤/在庫切れの場合もあります。
ご了承ください。

ページのトップに戻る

Anita O'Day & The Three Sounds (Verve 1962)

01 When The World Was Young
02 Someday My Prince Will Come
03 All Too Soon
04 My Heart Stood Still
05 My Ship
06 Leave It To Me
07 Whisper Not
08 Blues By Five
09 In Other Words(Fly Me To The Moon)
10 You And The Night And The Music

当時ファンキー・カクテル・ピアノトリオで人気があったスリー・サウンズとの共演盤。
アニタにかつての輝きは無い。普通のヴォーカル・アルバム。
クリード・テイラーの商業主義がミュージシャンの才能を潰した、証拠の1枚。
02、04、06、08……スリー・サウンズによるインストルメンタル演奏。
07「Whisper Not」のみ、トランペットのロイ・エルドリッジが加わる。

Recorded by October 12, 13, 14, 15, 1962 at New York City
Anita O'Day(vo), Gene Harris(p), Andrew Simpkins(b), Bill Dowdy(ds), Roy Eldridge(tp)

オリジナルに未発表曲「You and the Night and the Music」(エルドリッジ参加)と、3曲のボツ・テイクを収録したCDは日本でのみリリース。現在廃盤。


Incomparable!
Incomparable! (Verve)
Amazonで詳細を見る
Amazonでお買物できます。
廃盤/在庫切れの場合もあります。
ご了承ください。

ページのトップに戻る

Incomparable! (Verve 1963)

01 It Could Happen to You
02 Blue Champagne
03 Avalon
04 Old Devil Moon
05 Party's Over
06 Why Shouldn't I?
07 Easy Living
08 Can't We Be Friends?
09 Slaughter on Tenth Avenue
10 If I Love Again
11 Speak Low
12 Indian Summer

ヴァーヴよりリリースされた最後のレコード。
モダン・ビッグバンドの旗手ビル・ホルマン(編曲・指揮)による、ドラマチックな1枚。

Recorded by August 1960 at Radio Recorders Studios, Los Angeles
Anita O'Day(vo) with Bill Holman and His Orchestra
Charlie Kennedy, Joe Maini(as), Richie Kamuca, Bill Perkins(ts), Jack Nimitz (bs), Conte Candoli, Al Porcini, Ray Triscari, Stu Williamson(tp), Bob Edmonson, Lew McCreary, Frank Rosolino, Kenny Shroyer(tb), Lou Levy(p), Al Hendrickson(g), Joe Monddragon(b), Mel Lewis (ds)


サイト内関連ページ ≫≫≫ ノーマン・グランツとアニタ・オデイ


soe006; E-mail address; soe006@hotmail.com