ジュディ・ガーランド Judy Garland

ジュディ・ガーランド

Judy Garland (1922-1969)

少女ドロシーが家に駆け込んでくるところから、映画は始まる。
愛犬のトトが魔女のように怖い地主のガルチさんにぶたれたと、必死になって訴えるドロシー。しかし農場で働くおじさんたちは忙しいので、誰も相手にしてくれない。くだらないことで悩んでばかりのドロシーに、おばさんは、悩みのない国に行けばいいと言う。
月を越え、雨の中を抜けた虹の彼方に、夢が叶う場所がきっとあるに違いない……ドロシーはトトを抱きながら、「Over the Rainbow」を唄う。

ジュディ・ガーランド、1922年、ミネソタ生まれ。
ボードビル芸人の一家に育った彼女は、コーラスガールの一員として、12歳で映画にデビューした。ずば抜けた歌唱力を認められ以後数々のミュージカル映画に出演するが、いずれもその他大勢の小さな役ばかり。
そんなジュディに転機をもたらしたのが、1939年製作のファンタジー・ミュージカル、『オズの魔法使』だった。

この映画は、当初、人気子役のシャーリー・テンプルで企画されていた。
しかし会社間の取り決めによりシャーリーの出演が不可能となったため、当時無名だったジュディが抜擢されたのだ。

映画は大成功を収めた。
ジュディは一躍ミュージカル映画の看板スターとなり、ハロルド・アーレン作曲の「Over the Rainbow」は彼女のテーマソングとなった。

1950年代後半からは活躍の場を舞台に移し、ステージでの熱演はミス・ショービジネスと称されるほどの人気だったが、その一方で私生活は乱れたものになり、1969年、睡眠薬の飲み過ぎで不慮の事故死を遂げる。
まだ47歳の若さだった。

ジュディと映画監督ビンセント・ミネリとの間に生まれた娘、ライザ・ミネリは、母親はどんな女優だったかと質問された際に、「映画を見てください、説明は不要です」と語った。

ジュディの卓越した歌とダンスと演技は、その短すぎる生涯に作られた30本の映画の中に、永遠に記録されている。

今宵も、ジュディの思い出に乾杯!

≪ Woody Allen Louis Armstrong ≫
ジュディ・ガーランド サイト内関連ページ
soe006 ライザ・ミネリ
スタンダード・ソングブック Embraceable You
スタンダード・ソングブック Have Yourself a Merry Little Christmas
スタンダード・ソングブック My Funny Valentine
今日の1曲(1) Embraceable You
Amazon.co.jp (全品送料無料・コンビニ受取・着払いOK)
ジュディ・ガーランドの映画(DVD)
ジュディ・ガーランドのミュージックCD
ジュディ・ガーランドの本(和書)
ジュディ・ガーランドの本(洋書) 伝記・評伝、写真集、ポスターなど
「Over the Rainbow」収録アルバム(輸入盤CD)
「虹の彼方に Over the Rainbow」収録アルバム(国内盤CD)
「オーヴァー・ザ・レインボウ Over the Rainbow」収録アルバム(国内盤CD)
ミュージカル(演劇・舞台)関連書籍
映画関連書籍(1) 映画ガイド
映画関連書籍(2) 外国映画
映画関連書籍(3) 映画論・映像論

▲ Top of Page

ジャズ倶楽部